FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋戦記 ドラマCDが楽しみすぎてどうしよう。 


三国恋戦記~オトメの兵法!~ 公式ドラマCD

のページを見て、テンションだだ上がり。ひゃっほう!!!!!
ニヤニヤするずぇーーー!!

「じれったいほどのすれ違いを経て」
とか
「数多の危機を乗り越え」
とか
「遠大な回り道を経て」
とか、

いちいち頷けて吹いたww>にやけながら。

ジャケットもやばいよーーーー!萌えシチュすぎてたまらない。
後ろからの玄徳もいいけど、赤い人がどストライクですすみません・・・わあああ!!!(恥ずかしくて訳わからなくなってきた)

振り返ってみて、ここ2・3年くらいなかった、のでこれから2年くらいはここまで萌えるのないかもなーと思うくらいハマってる気がする恋戦記です。

ので、迷わず投資するよーーー!!早く、発売を・・・・!!!

スポンサーサイト

三国恋戦記 ツイログ 

私の中で萌えの殿堂入りソフト化した三国恋戦記のついったーログをまとめました。

その時々の感想ですので前後の文脈がつながらず、ネタバレに当たる表現がある可能性があり、ただ萌えたー!という時にばかり叫んでおりますのでご注意ください。

あ。三国恋戦記、PCソフトですが18禁ではなく健全乙女ゲですよーーー!!そういえば(笑)!!

続きを読む

三国恋戦記 キャラ感想 

長くなったので分けました。
続いて、各キャラ感想です。

ネタばれを完全に避けたい方はご注意。
最初は気をつけてたのに、だんだん萌えた台詞をがしがし入れてたくなってしまったv

続きを読む

三国恋戦記 雑感 

三国恋戦記 ~オトメの兵法!~ 通常版 (Windows7対応)三国恋戦記 ~オトメの兵法!~ 通常版 (Windows7対応)
(2010/05/28)
Windows

商品詳細を見る


三国志で乙女ゲだと!!!!!この私が!!やらないわけがない!!

・・・と最初からやる気満々だったわけではなく、むしろ及び腰でした。
思い入れが深いからこそ「なんか違う・・・」と跳ね返ってくるダメージもでかいのですよ。
好きだからこそ、ああああ!こんなん違うー!!と落ち込みたくはないのです。

しかし、あらかた評判良いうえに、周りの信頼できる方たちの感想がめちゃ楽しそう。
うずうずとやりたくなって思い切って購入したら、大 正 解 で し た。

ひさびさに、いろんな人にこの良さを知ってもらいたい!お勧めしたい気持ちでいっぱいだよーーー!!!

ということで雑感です。

物語の入りとしては、ごく普通の女子高生が不思議な本を読んでいるうちに三国志に似た世界にいつの間にか強制移動されているという、まぁよくあるといえばよくある流れ。

で、孔明に導かれて玄徳(蜀陣営)の元に身を寄せるのですが、戦乱に巻き込まれる中で上手いこと魏→呉にも接触を持つ流れになっていて、安心して全勢力を楽しめますv
ぐるっと一周回ってきて、最終的にどの人に肩入れするかで自分の道を選んでいくことに。

戦乱の最中なので、がっつり恋愛メインではありません。いきなり甘い言葉を囁かれたりもしないし。
でもまぁ、それも当然だなと。
信頼してくれる人あり、警戒する人あり、探ってくる人あり・・・それぞれの立場や信念が違うので、当然主人公への態度や接し方も変わって来るよね。というごく当り前の初対面から始まって、少しずつお互いの距離が近づいていく展開が自然で、いつの間にか感情移入してしまいました。

主人公はかなり天然というか恋に関しては鈍感で「ええええそこ気付かないの!!」とか「そんなとこで悩むのー!?」というもどかしさもあるのですが、

『まだ恋を知らない女の子』

という設定がここで効いてくるのですね。

だって初恋だものーーー!

で全て許されるv

むしろ、「あー。でもそうだよね!初恋ってそうだったかもー!!」とじりじりもどかしく応援してしまいました。あ、甘酸っぱい・・・!!たまらん・・・!!!

プレイヤーにはばっちり相手の好意や嫉妬心が伝わってくるのに、主人公は気付かなかったりむしろ落ち込んだりすれ違ったり。

こっちはにやにやしながらも、じりじり悶えて見守って、主人公の花ちゃんが「あ。そうかこれって恋だったんだ。」と自覚してぱーっとEDにつながる流れは、なんとも言えない爽快感と幸せ~v感がありました。

何しろ恋に気付くまでに時間がかかるので、シナリオ優遇されて丁寧に描かれている3君主はともかく、もうちょっとエピソード欲しかったなぁと惜しく思うキャラもいたのは確か。
しかし、重要なポイントは押さえてあるので、あまり不自然には感じませんでした。隙間も自分で埋められるだけの恋愛外でのキャラの厚みがあった。

3君主+師匠(孔明)はかなり細やかに描かれているしシナリオ自体も長いので、必ず誰かには萌えられると思います。ちなみに私は、全員漏れなく萌えすぎて選べない勢いです・・・・

恋愛方面はそんなかんじですが、その他の場面での主人公もしっかり自分で考えて出来る事を一生懸命やろうとする子なので普通に好感が持てます。
天然系なのに、良いツッコミするしなぁ(笑)

ノーマルルートは萌えるし燃えるよ!!

多少、都合よく運ぶ展開も見られますが、まぁ乙女ゲでそんなに戦闘メインに血なまぐさくてもねぇ・・・
上手く三国志のエピソードが入っていてにやりとするし、誠意を持って描かれているので私は好感を持ちました。

薄桜鬼とつい比べちゃいますが、主人公の立ち位置やいる意味がしっかりしているので私はこちらの関わり方のが好き。
あと、どうしても新撰組って破滅に向かって突っ走る痛々しさが出てしまうからなぁ・・・(その点、薄桜鬼は上手く萌えに転換して描いてるよな!と感心しましたが)・・・やはり、国を治める・守る・支える為に実際上に立っている君主陣の魅力の方に私はめろめろ(死語)でしたよ!

残念なのはおっさんがいないことでしょうかw←個人的趣味。
でも、あの時代だと10代でも十分大人だもんな。(推定)20代でも人間の出来かたと包容力が半端じゃない。年下攻略対象もいるのですが、あまり年下というかんじはしない。
元譲さん落としたい!と一瞬思ったものの、なくても満足。
それより、薄桜鬼での「なぜ新八と山南さんと山崎を落とせない・・・!!!」の方が切実だったかもvv

あとは、システム関連を少々。

特に不便に思うところはなかったですが、選択肢でスキップ解除してしまうところだけが!!惜しいーー!!

起動時の時間帯でお迎えボイスが違ったり、好感度確認の画面で各キャラをクリックするとその時点の好感度で主人公への印象を語ってくれたりと、細やかな設定が嬉しいv

好きな台詞を登録できるボイスコレクションは、思った以上に活用してしまいました。
単に甘い台詞を入れたいというよりは、自分の印象に残ったシーンはここ。というポインターの役目を果たしてくれて、後で見直すと良いかんじでした♪
枠、30個じゃ足りないよ・・・・!一人当たり10個くらい欲しいーーー!!!

立ち絵やスチルも、好みの差はあるでしょうがとても綺麗でした。
そして私は好みでしたv(重要)
なんと言っても、表情の変化やスチルの差分がシナリオへ細やかにぴったり沿っているのがほんっとに萌える!!
これに声の演技がつくと、心理描写が深まってぐっとくるんですよね。

笑顔なのに、冷たい声。
厳しい顔付きなのに、声には心配するような優しさがにじんでいる。
抱きしめようとするのに、ためらって離れてしまう腕。
触れようとして、大切すぎて触れられない手。


口にしていること、目にしていることだけが全てじゃない、それを地の文ではっきり書くわけでもない。
それでも伝わってくる気持ち、ニュアンスにめちゃめちゃ萌えた。きゅーんときたvv

うーん、演出って大事だー!!

声の演技も重要な要素なので、簡単にはとばせなかったな。
そして安心感のある&好きな声優さんばかりなのですが、不思議と「中の人」はかんじなかった。
全部含めて、キャラとして見てしまった。なかなかないことなので、嬉しいですvv

攻略順番は

雲長→仲謀→玄徳→翼徳→子龍→孟徳→文若→公瑾→隠し→孔明

です。

雲長さんは、世界観の鍵を握る人なので最初にプレイしたのは良かったのかどうか。
もっと、わからないままにじりじりしたかった気もする。
雲長さんが櫻井声なうえに眼鏡だからいけないんだーーーー!!>どちらにも弱い。


攻略後のラブ度は難しいのですが・・・・

玄徳・孟徳≒孔明・仲謀(選べない・・・選べないよ)>文若・公瑾>子龍・隠し>雲長・翼徳

かな。

文若さんと公瑾さんは、シナリオ短めなのにすごく好きになってしまった・・・

あと、玄徳さんがあまりに好き過ぎて1位揺らがないだろうと思ったのに、孟徳さんに死ぬ程萌えてどうしようかと思った。

孔明はシナリオ含めてやられてしまったし、仲謀はキャラが大好きー!

順番はつけてしまったものの、漏れなく全キャラ萌えました。
早く携帯機移植してほしいな・・・(*持ち歩きたい)と思いつつ、スチルを大きな画面で綺麗な状態で見られたので購入して大満足ですvv

ここ数年の中で、いっちばんきゅんきゅんしてハマり度が高かった乙女ゲでした♪
萌えた・・・・!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。