FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薄桜鬼 斎藤→風間→土方 編 

薄桜鬼コンプーー!

ちょ!!!斎藤さん・・・・・!!!!かわいすぎるだろ。
なんかこう、身悶える可愛らしさだ。
早く随想録がプレイしたくてたまらないです。主に斉藤さんの為に・・・!!
私の中で3本の指に入る鳥海さんキャラになりそうな予感。

鬼の人は、ちょっと薄くて残念。
というよりも、シナリオによって都合良く言動がブレている気がするのでいまいちよくわからない人で終ってしまった。これまた、随想録に期待(*本編で頑張れやと思いつつ)

メインルートもそれなりに長さがあるうえに、各キャラに分岐してからもそれぞれ流れが違ってやりごたえ(読み応え)があるのは良いのですが・・・・その分、敵方が割を食っているというか、ルート毎で別人のような言動をするのが個人的には残念なのでした。

しかーし!!土方のシナリオは力の入れ方が半端じゃなかった。最後に攻略して正解。
長さ自体もかなり違うような・・・とにかく北上するからな。
しかし、甘さが出てくるは五稜郭に着いてからという鬼の副長ぶり。
あまりの真の主役ぶりに、逆に吹いたのは内緒です。いやー、土方さんは本当に格好良いよ!!
なんであんなに格好良い系で声もワイルド三木眞なのに、受け顔な美しさなのかしらー。それにしても並ぶのを恥じらってしまいそうな美しさである。

以下、ネタばれ込みの感想。

続きを読む

スポンサーサイト

薄桜鬼  藤堂→原田→沖田 編 

平助きゅん(*年下余り興味ない)→左之助さん(*顔と声がとっても好みなので挟んでみた)→沖田さん(*第一印象=好きになれる気がしない)

という順番で半数攻略しました。
そして沖田さんに禿萌えました・・・・すみませんすみません。好きになれる気がしないとか言った私が馬鹿でした。祥ちゃん最高っす。萌えをありがとう・・・!

結論からいうと、萌えっていうか燃え要素の方が多いですねこれ。
思った以上に1周するのに時間がかかった=長さはあったのですが、ほぼ歴史上の出来事を追っていく共通ルート。
何かあったときに(*よく考えると襲われまくりな主人公)助けてくれるキャラは好感度によるのかと思いきやそうでもない
巡察という名のデートなのかと思いきや、それもきっちり順番決まっていた

しかしキャラ萌えは多大にある。
主人公に対する言動にきゃっきゃする乙女ゲラブラブな感じではないのですが、『新撰組』というイメージベースがある為か、それぞれキャラがしっかりしていて台詞や生き様に萌える(燃える)シーンは多かった。単純に、スチル綺麗で皆それぞれ美形で見惚れるしな!!

攻略キャラじゃない隊士の皆さんも、脇キャラまでしっかり立ってたよ・・・

というわけで、歴史モノ・新撰組スキーならば、すっごく楽しめるのでは?
自分は歴史モノには弱いですが、新撰組は、まぁどちらでも。「燃えよ剣」のトシはガチで格好良すぎだよね!!そして「壬生義士伝」はさすが浅田次郎だよだだ泣きだよ・・・くらいの感覚です。知識が基本的に小説ベースなのでイメージありき。

ちなみにゲーム内では『新選組』表記で、『新撰組』は別のものを表しているのですが、変換ででなくて面倒なので『新撰組』で書いちゃってます私は。

逆に、史実ベースで切ない・シリアス方向な為、ラブラブ甘いちゃをお求めの方や、「新撰組モノは駄目」という方には全くもってお勧めできない

甘さがないかというと、そうでもないんですけどね。
あと、史実的にお亡くなりになる方には漏れなく「吸血鬼」要素が導入されるので、攻略対象で狙っている人は生き延びます基本的に(今のところそうなのでたぶん)。

個人的には、主人公にあまり感情移入できないのがちょっと辛いところ。
男装の少女でかつ剣術の心得もある設定なので、それなりに一緒に戦うのかと思いきや、そうでもない。
あの設定で4年も新撰組にいて、やっていることはお茶汲みだけというのは、なかなかにつらい設定ではなかろうか・・・いや、それならそれで良いのですが、なら戦場に出ていかなくてもいいんじゃ?というのが率直な感想。足手まといにも程がある。
望美さん@遥か3ほどの軍神になれとは言わないですが(*神子に心酔する八葉ならともかく、新撰組の皆さんは女に力づくで守られたら避けてきそうだ)、設定上護身術はたしなむ上に身体能力も高いはずなので、もっと役に立ったり自分の身は自分で守る描写があっても良かったかなと。

なんだかなぁ・・・ウィル・オ・ウィスプは思い切り少女小説で、引きこもりドジっ娘のハンナがめっさ可愛かったんですが。人間と上手く交流できてないので、人形相手でも不自然ではなく、けなげにご近所付き合いを始めるとそれだけで「良かったねええええ!!」と手を握りたくなるというか。
やはり歴史モノは男前主人公でないとついていけないのかもしれません・・・時代の奔流に。

でもまぁ、それでもついていかないと仲も深まらないし何やってるかわからないしな・・・設定上の無理をなんとか自然に見せようとするシナリオの苦渋が各所ににじみ出ていたぜ・・・

そんな苦労が垣間見えるだけあって、史実をベースに上手く吸血鬼要素を取り入れているシナリオは良くできていて面白い!
ヴァンパイアってどうよ・・・!?と当初は思いましたが、意外な程に上手くシナリオに馴染んでおります。
主人公に引っ掛からなければ、相当移入できると思われ。
これだけぶつくさ言っていても、萌えるとこではしっかり萌え、燃えるとこではがっつり燃えました。

えーと、一応反転。後半になると、

隊士が揃って洋装かつ短髪になるというのは、とんだ萌え爆弾だった。
ちょ!!!!!わかってる・・・わかってるな・・・・・!!!!すごい破壊力でしたよ。

だから敢えてみんな長髪だったんだね・・・
『そこへ並べ、そして皆髪を切れ。』
とか思ってて、ごめん!!

平助きゅんは、短髪のが俄然かわいいよ!
左之助さんは、エロさが倍増していて直視できねぇ・・・
沖田さんは、ものっそい好みになってしまいました。くっ。
斉藤さんは・・・・元から角度によっては短髪に見えたが、やはり切った方がかわゆい。
土方さんは、元から受け受けしいと思っていたが、より一層美しい受け顔になっていた。


反転終わり。

あと、おそらくPSP追加要素と思われる『薄桜鬼遺聞』が、とても良かった。
いまいち共感できないなぁと思っていた主人公だが、日常を隊士視点から見ると逆に寄り添えた。
・・・・ってああああ、だからか!
今やっと思い到りましたが、主人公の性格が合わないというよりも、歴史的な事件を主軸にしているので、日常パートすっぱり飛ばして半年平気で経ってたりするからかも。移入度が低いの。

ということは『随想録』をプレイすると、さらに楽しめるかもですね・・・って、久々にPS2を起動することになるのかーーー!?(ごくり)


以下、攻略ルートごとにちょこっと感想をば。ネタバレに考慮していませんのでご注意。
山崎さんは、予想以上の素敵キャラでした・・・だから落としたいってば!!

続きを読む

薄桜鬼 始めてみた 

おおおお、美しい!とにかくスチルが美しいよ・・・!!
と叫びながらプレイ開始。

薄桜鬼 ポータブル(通常版)薄桜鬼 ポータブル(通常版)
(2009/08/27)
Sony PSP

商品詳細を見る


システムは、すごく・・・オトメイトです。
と言っても、ウィル・オ・ウィスプしかやってないんですけどね。
しかし、用語説明みたいのがどんどん更新されるんですが、別に開かなくてはいかんのでいまいち見る気がしない。
いやいや、インフィニットループのデータベースは豆知識満載で面白かったな・・・つまり、一度開いてみたらつまらなかったのでたぶんもう開かないと思うということなのですが。

そんなこんなで、システムをオプションで整えつつ読み進めていくよ。

以下、序章~1章雑感。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。