FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロノトリガー始めました。 

とりあえずは冒頭のプレイ感だとか、懐かしいなぁ語りなど。

クロノ・トリガー 特典 サウンドトラックCD付きクロノ・トリガー 特典 サウンドトラックCD付き
(2008/11/20)
Nintendo DS

商品詳細を見る


その前に!買うなら特典付きが絶対にお勧めです。
だがしかし、上記リンクでは非常に高い値段になっているのでご注意。・・・なんで?私が買ったのも最近なのに。

特典サントラには、メインテーマとメドレーの2曲のオーケストラ版が入っています。
SFC音源でも素晴らしかったですが、やはりオケにはオケの壮大さや味があって感動。
特に、メドレーはつなぎが言うまでもなくプロなので聴いていて気持ちも盛り上がります。欲を言えば、個々の曲の尺がもっと長かったら最高だった・・・もっと聴きたくなっちゃうこれは。

さて、電源を入れてみると・・・

おおおおおお!この時計の音!!!!そのまんまだーーーー(じーん)
デモムービーはアニメになっています。これは好き好きがありそう。

名前は全員デフォルトで進めていきますよー。

そして始まる物語。緻密に描きこまれた背景の中、ポンポンと上がる花火。鳴り響くリーネの鐘の音・・・・・おおおおお!やっぱりそのまんまだーーーーー(再びじーん)

とても忠実に移植されています。本当にそのまま携帯できるようになったという印象。
個人的には、3Dリメイクなんかをされなくて良かったんじゃないかなぁと思う。
だって、もうこれ自体でものすごく完成されている。これが、13年も前の作品(しかもSFC)だなんて・・・信じられない!ドット絵美しいし和むなぁ・・・!!

操作や表示は「クラシック」「DS」の2種類から選べます。
「クラシック」は、上画面がそのままオリジナルと同じレイアウトでボタン操作。
「DS」だとコマンド等は下画面にくるので、上画面がすっきり見易くなります。タッチペンも使用可。

個人的には、「DS」の方がより見やすくて使いやすいなと思いました。タッチひとつで、キャラステータスからコマンド選択まで出来るのが便利。戦闘時にも、ボタン操作より感覚的だし素早く選択できます。
ただ、タッチペンでの移動は私には無理でした。下画面に簡易マップ(本人は人物マーク)が出るのでそれを触って動かすのですが・・・・ぜんっぜん思うとおりに動かないし、時間もかかる。上画面を見ながら下画面で動かすのって、無理じゃない??
というわけで、移動はボタン操作でしつつ、たまに指でコマンドを選ぶという変な使い方してます(笑)
セーブ画面へもワンタッチ。めちゃ便利!操作性は概ね快適です♪

追加要素も色々あるようですが、基本的には『懐かしいあの名作を、いつでも携帯して気軽に楽しめる』のが醍醐味かと思います。
もしくは、『まだプレイしていないなんて勿体ない!今こそ購入だ新規ユーザーよ』でしょうか。
音楽・物語・愛すべきキャラ達・・・どれをとっても一級品のRPGなので、充分に今から新規でプレイされる方たちも楽しめるんじゃないかと。

と言いつつ、私は自分でプレイしたのは途中までで、あとは弟のを見ていたのですよね。
思い出しながらそれらをつないで行けるかと思うと、今から楽しみです。

***

現在、ロボが仲間になって中世にやってきたところ。
丁度良いバランスでさくさく進んでいきます!

それにしても、音楽が素晴らしい・・・・なんというか、ただ美しいとか盛り上がるとかとはまた別格に感じる。
現代のフィールド曲「みどりの思い出」・中世のフィールド曲「風の憧憬」。
この2つに通じる、胸が締め付けられるような哀切・郷愁には思わず戸惑ってしまうほど。
美しすぎて涙が出そうになる、手を伸ばしても届かないもの、帰りたいのにもう戻れない場所。
そういったものがばーっと喚起されて、なんとも言えない気持ちになりました。

初めてゲートをくぐって、知っているようで実は全く知らない世界に放り出された不安。確かに自分の世界なのに、本来ならそこにいてはいけない、ここは自分の居場所じゃないという疎外感。そこに寄り添うように流れる「風の憧憬」・・・そりゃあ、心に染みいるよ!

というわけで、何度聴いても飽きないのでつい語ってしまいました。
次回からは、たぶん(大幅に省略しつつも)プレイ記でっす。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。