FC2ブログ

鬼畜眼鏡R 克哉×秋紀 

東京へ遊びに行く前にほぼ詰めていたのですが、鬼畜眼鏡R・・・やっとコンプしました(遅)

いやー!VitaminZが同時進行だったり、PSP買っちゃったりと気もそぞろだったこともあり、克哉×秋紀ルートを終えたらすっかりペースが落ちてしまいました。

眼鏡克哉攻めルートだと、お仕事上のトラブルの流れが基本一緒だったり、眼鏡が鬼畜というよりは精神的にガキだったりするので、モチベーション下がったこともあるかもしれない。

個人的に、眼鏡克哉ルートでは秋紀が一番面白かったです。
本多は友人でいいんじゃないかと思っちゃうし、御堂さんはどのルートでも素敵すぎて眼鏡には勿体無い!!と思ってしまうのですよね私は。
片桐さんに関しては、鬼畜王の称号を捨て去ったかと思うほどに甘い眼鏡でしたww・・・これはこれで、一番人としてまともだった(素直な感想)

この辺り+果実の感想はまとめて次の記事で。
果実に関しては・・・・公式すげぇ・・・!!!の一言で(笑)

****

今回は、かなり以前ではあるのですがメモしていた克哉×秋紀ルートの感想です。
以下、箇条書きにてネタばれご注意ください。

続きを読む

スポンサーサイト

鬼畜眼鏡R 本多×克哉 

本克。だがしかし、松浦がかわいいかわいい。

以下、箇条書きにてネタばれ感想です。

続きを読む

鬼畜眼鏡R 太一×克哉 

続いて、本多×克哉・・・の予定だったのですが、メモ取らずにがしがし進めてしまった結果何も残ってない(笑)
ので、先に上手くメモしながら進められた太一×克哉をば。
本克はやり直しながら書くぞー!

***

ちなみに、鬼畜打の方はストーリー&チャレンジモード共にクリア済み。
いやー、日頃タイピングしまくりですからね!どれも一発Sランクですよ~!!

しかし、ここでもノマ克の喘 ぎは甘すぎる。危険物。
そしてまさかの髪で隠すRさんに爆笑ww
今回のRさん、どこでも生き生きし過ぎですよね・・・・!

***

以下、箇条書きにてネタばれ込感想。

続きを読む

鬼畜眼鏡R 御堂×克哉ルート 

大本命☆みどかつから始めました。

鬼畜眼鏡R 鬼畜眼鏡ファンディスク鬼畜眼鏡R 鬼畜眼鏡ファンディスク
(2009/03/27)
Windows

商品詳細を見る


勿論のことR指定なのでご注意。

で!

ちょおおお、これ、どうするよ!?
あああああ、あっまーーーーーーーい!!!!!
なんだこの雰囲気!!!!

甘い。甘すぎる。常にほわほわピンク色のオーラが漂い微笑み合う二人。
萌えすぎて、死んでしまうかと思った・・・・・(愕然)
ああああ、幸せだーーーーー!!!

なんかこう、やっぱり仕事している中で芽生える恋って良いですよねー。
しっかり成長してなかなかしたたかに仕事している克哉にも、柔らかくなってさらに良い上司になっている御堂さんにもキュンキュンきたわ・・・・!!

今回のFD、単に後日談できゃっきゃするというよりは(*雰囲気は幸せピンク色から始まるけれども)本編で気になっていたり、その後どうするんだろう?と思ったりした部分がしっかりフォローされていてマジ最高!すばらしい!!と思います。
エンタメに徹していたところに、さらに深みが加わっていると言えばいいのかな・・・
仕事でのジレンマとか、相手に対するプライドとか、逆に労わって甘やかしたい気持ちとか、「ああ、わかるーー!!」とぴったり添えてじたじたする。同時進行中のVitaminZも楽しいけど、やっぱり学園舞台だと外から楽しむかんじだもんね。

しかし、どうせ短いだろうからと本能のおもむくままに選んでいたら見事にBADエンド直行でした。
よくもまぁ、これだけ真反対なの選ぶよな!という程に違う方を選んでいたわ無意識に・・・

いやだってさー!
>「あなたが欲しい」
>「ひどくして欲しい」
だったら、どうしても下を選んじゃうよ・・・(*お前はな)

ごめん、御堂さん・・・ごめん、ノマ・・・・だがしかしBADエンドも萌えだったvv

以下、ネタばれ(箇条書き)入りますのでご注意。

続きを読む

鬼畜眼鏡<ドラマCD感想> 

鬼畜眼鏡ドラマCD-眼鏡装着盤-鬼畜眼鏡ドラマCD-眼鏡装着盤-
(2007/11/28)
ドラマ、平井達矢 他

商品詳細を見る

鬼畜眼鏡 ドラマCD-眼鏡非装着盤-鬼畜眼鏡 ドラマCD-眼鏡非装着盤-
(2007/12/26)
ドラマ、平井達矢 他

商品詳細を見る


もえこさんのご好意で、聞かせていただいちゃいましたv
ありがとうございますー!!

どうもわたくし、ノーマル克哉受けがものっそい好きみたいなので「非装着盤」の方を先に購入しようかと思います。

以下、内容に触れます(台詞等少し出てきます)のでご注意くださいませ。

続きを読む

鬼畜眼鏡<ノベル感想> 

鬼畜眼鏡 (B-BOY SLASH NOVELS)鬼畜眼鏡 (B-BOY SLASH NOVELS)
(2008/02)
TAMAMI、Spray 他

商品詳細を見る


ちょっと前に買ってきましたー!
どうにも帰る時間には買えなかったので、思いあまって昼休みに買いに出てしまったよ・・・(そこまでして)

表紙からもわかるように、初ノベライズは御堂×ノーマル克哉です。
コミックスは眼鏡克哉×御堂だそうですし、御堂部長の人気は盤石ですね(にこにこ)
いやほんと、ベタな展開なのですが御堂さんの魅力はいかんともしがたい(なんだか日本語の使いどころを間違っている)のです。

内容は、ゲーム本編+後日譚少々。
流れ自体はわかりやすいし、心情描写も少し丁寧になっている印象なので、ゲーム未プレイの方も楽しめるかと思います。

ただ、やはりゲームの方が色んな意味で(笑)「濃い」ですし、あの表情変化と声の演技が相まって凄まじい萌えが発揮されるので、ノベルで合いそうならゲームの方がお勧め。

逆に、ゲームプレイ済みでの楽しみと言えばやはり、+αの部分ですよねv

台詞がちょっとずつ変わっているので、たまらんー!
あと、克哉が御堂さんに一目惚れ気味だったり、御堂さんのデレ見えがわかりやすかったりと感情移入しやすくなっている気がします。

以下、内容ネタばれなので反転。

初合体(笑)後の『キスマークだらけだった』描写、ゲーム内だと立ち絵で「おお!」と妄想保管するところなので、改めて書かれるとえらい萌えました。執着しすぎだろうすでに!!!!
モーニング一緒に食べて「オムレツ美味しいですね」で微笑んじゃうところも細かく萌えv
あと、タクシー内で涙こらえるシーンもやばかった。

で、なんと言っても最後のラブラブっぷりがたまらないでしょ!!!
膝枕・・・・甘え気味悪戯っ子の御堂さん・・・血吹きそうでした。
あなたって人は、どこまでポテンシャル高いんすか・・・!!!(悶)


はー、叫べてすっきり。

とにもかくにも、わかりやすく鬼畜不器用デレな御堂さんと、どこまでもM属性な克哉を堪能できました。
御馳走様です(手を合わせて)。

鬼畜眼鏡 その2 プレイレポ 

以下は、ネタばれ込みのルート感想になります。
また、18禁BLゲーにつき、年齢制限にかかる方もしくは不快に感じる方はご注意くださいませ。

ネタばれに(それなりに)配慮した、総合感想は→こちらです。

続きを読む

鬼畜眼鏡 その1 感想その他レビュー 

コンプしましたー!ので感想をば。
以下、18禁BLゲーにつき、年齢制限にかかる方もしくは不快に感じる方はご注意くださいませ。

鬼畜眼鏡 通常版鬼畜眼鏡 通常版
(2007/10/12)
Windows

商品詳細を見る


いやぁ、面白かったですね。
なんというか「楽しませる」ことに特化した、古き良きエンターテインメントBLゲーでした。

『鬼畜』というタイトルに期待すると、むしろ肩透かしかも。
そんなにエグくはない・・・ですよね?

鬼畜とは言いつつも、これでもかという程にラブ甘いのがトゥルーEDなので、なんとなく「終わりよければ全てよし」という気になります(笑)

むしろ『鬼畜』で一歩引いていた方でも(*実はそうだった私)、楽しくコンプできるんじゃないでしょうか。
根底に愛があるなら、多少強○気味だろうが縛られようが鞭で叩かれようがだいじょぶ!となるのが乙女心ってもんですよねv(乙女なのかそれは)
犯罪ではあるが、下品ではない。というラインの『鬼畜』でした。

シナリオも適度なボリュームで、それなりに良い塩梅でサラリーマンらしくお仕事もしていて、CGも綺麗でシステムもごく普通に快適。キャラ萌えお腹いっぱいさせてもらった上に、主人公声優さんの演技が圧倒されるほど素晴らしかった。必聴です。

・・・というわけで文句なくお勧め!
眼鏡スーツ鬼畜BL好きでこれやらなかったら、勿体ない。←なんでもっと早くやらなかったの自分。

***

システム的には、全て揃っていてどうこう言うところはないかと。快適快適。
過去ログが少し使いづらかったのが残念!

システムボイスを選べるのは嬉しいですね♪
気づいたの、かなり遅かったですが・・・・

しかも、サンプルの台詞が「私(俺・僕etc)は眼鏡が大好きです」なんですよーーー!!
なんだかもう、それだけでにやけちゃうんですがっ!!!

眼鏡・愛(*ジャイ○ンツ・愛的なイメージでお願いします)を感じる・・・・

***

あらすじとしては、

冴えないサラリーマン佐伯克哉の元に、ある夜現れた謎の男Mr.R。
「これを身につけた瞬間から、あなたの人生は大きく変わります」
手渡された眼鏡をかけた瞬間から、彼の人生は180度変わり始めた。

眼鏡をかけている間は人が変わったように有能に仕事がこなせるようになるものの、性格は普段の克哉からは考えられない程鬼畜に。

大手企業から強引にもぎ取った、ドリンク剤営業は成功するのか?
そして、眼鏡によって揺り動かされた克哉の周囲の人間関係はどうなってしまうのか・・・!?


という流れ。

***

ゲームの進め方は、ごく普通の選択式ADVです。
さらに行動の際、「眼鏡の有無」を選ぶことによって鬼畜度が上下して受け攻めやらストーリー展開やらが変わっていきます。

CGは、たまーに「ん?」と思うものもありますが基本綺麗です。
塗りが華やかで美しい~!!良い肌色ですvv(にっこにこ)
立ち絵が良いのがまた、強みだと思う。立ち絵でも美しすぎる御堂さんに見惚れたよ!!萌え!!

片桐・秋紀は、眼鏡克哉でのみ攻略可。
逆に、喫茶店のバイトくん太一とはノーマル克哉でないとイベント進みません。

御堂・本田は眼鏡克哉でもノーマル克哉でもトゥルーEDあり。
リバとはまた違うような・・・同一人物ですが性格が違うので。
それによって、一人の人間の違った面が見えるのが面白いなぁと思いました。
どの面もその人の「本当の」姿でどれが正しいというのはないんだなと思えるというか。

主人公の克哉自体が、『どちらが本当の自分なのか、どちらを選ぶのか?』という苦悩を抱えているので、その辺り意識してつくられているのかな。

意外と掘り下げ甲斐もあると思うシナリオなのです。二次創作読みたいーーー!ってなる。

しかし、

しゃっきーーん!眼鏡装着!!!

のシーンは何度見ても笑えるので、基本はエンターテインメントゲーだな。と思うわけですがw

主人公の会社が『キクチコーポレーション』で、その親会社が『MGN』という時点で吹き出したもの!
この楽しませる気満々の姿勢が大好きです(真顔)
「ベルリバティでBLで読ませる」のノリですね!!(笑)

***

ネタばれしない程度に、キャラ感想を。

■ノーマル克哉

このゲームの主人公。
気弱で周囲に合わせ、人を傷つけないことを一番に考えてしまう入社3年目の営業マン。
プレイしてみると、仕事が出来ないわけではないことも、意外と頑固で芯が強いこともわかるので好感度上がりました。

つか、むしろピュアな言動と受け時のえっちーぶりが可愛すぎて死にそうでしたよーー!!
大好き。


■眼鏡克哉

正に鬼畜眼鏡!!傍若無人にやりたい放題ですよ。犯罪犯罪。
しかし、「それって好きな子いじめ?」なデレ部分も勿論標準装備。
中嶋さん@学園ヘヴンより、わかりやすい鬼畜ツンデレだと思います。

ねっとりオヤジ入っている気もする言葉責めの数々がたまりません。翻弄されまくり。
古風な言い回しや「~さ。」な語尾に、笑ってしまうこともしばしば。そんなところさえも魅力。

平井さん、上手すぎです!!
ノーマルとの使い分けは勿論ですが、眼鏡克哉に優しさが垣間見えてノーマル克哉に近い声になったり、ノーマル克哉に黒さが垣間見えて眼鏡克哉に近い声になったりという演技まで完璧。

個人的には、主役の声だけでこのゲーム買ってよかったと思いました。ほぅ(溜息)


■御堂

主人公の親会社MGNの商品開発部長。クールビューティな若きエリート・・・なのですが。

御堂さんの可愛さは異常!!!!!!!(鼻を押さえながら)

これがツンデレの威力というものか・・・
完璧主義の仕事人間が、たまに見せる頬染め顔の威力は破壊的。
ついでに言うと、にやりとわらって斜めから見下ろす立ち絵も大好きだ。なんでそんなに美人さんなの御堂部長ーーーーーー(吐血)

受けて良し、攻めて良し。死ぬほど萌えさせていただきました。

御堂部長を最初に攻略して、本田を最後に残しておいたのですが正解だった。
最初でがっつりハートを鷲掴みにされ、最後はシナリオで読ませてもらった。


■本田

主人公の同僚で、大学時代は同じバレー部に所属していた体育会系熱血野郎。

最初は暑苦しいと思っていたんですが、攻略してみると一番シナリオがしっかりしていて自然だったのですっごい面白かったvv
克哉が、(どちらの場合でも)一番彼らしく接している相手に思える。

ノーマル克哉を、御堂さんと二人で挟んでいる構図に萌えます。どちらにも愛されているノマ希望。なので、おまけ果実は美味しくいただきましたv


■片桐

主人公の所属する課の課長さん。温厚な気配り上手だが、いつも損な役回りを押し付けられる窓際課長。

オヤジ受けです・・・・!!
しかも、バツイチの男やもめで健気な乙女系ってどんだけーー!!

ルートに入ると駄目な部分も強調されるので、他のルート内での「自分の役割をしっかり果たしている」仕事のできる片桐さんのが私は好きだなぁ。
ノーマル克哉とのほのぼのルートもあって欲しかったような。

そんなに萌えるルートではなかったということですね、つまり。
御堂・本田くらいのボリュームがあれば違う感想を抱いたかも。


■秋紀

主人公が初めて眼鏡をかけてしまった夜にいたしてしまったらしい少年。
生意気そうに見えて、実は可愛いにゃんこちゃんでした。ルートは眼鏡克哉×秋紀のみ。

片桐・太一と比較してさえ、薄いシナリオに思えましたがこれいかに。
一生懸命さは可愛いので、残念だなぁ・・・

しかもあのEDがトゥルーなのか・・・!?ううむ。幸せならばそれで良いのかな(笑)


■太一

主人公の自宅近くの喫茶店のバイトくん。人懐こく話好きな、明るい大学生。

最初から「主人公大好きオーラ」が漂っているので、克哉好きの私としては楽しくプレイできました。自然に話せて、心が軽くなるって良いですねv

眼鏡克哉には「嫌な匂い」を感じとるので、彼のルートは太一×ノーマル克哉のみです。
仕事色も薄くなるので、『鬼畜』というよりは普通の恋愛っぽいなぁと思っていたら・・・・らーーーー!!!!!
意外な展開でした(笑)


長くなったので、ネタバレ込みのルート感想を→別記事に致しました。