FC2ブログ

テイルズオブファンダム vol.2:シンフォニア編「もうひとつの交響曲」 

テイルズオブシンフォニアの人気キャラ、クラトス視点で進むシナリオです。

本編のネタばれしますのでご注意下さい。

続きを読む

スポンサーサイト

テイルズオブファンダム vol.2:ファンタジア編「もうひとつの場所」 

ファンタジアのみ未プレイで、OVAを一通り見たくらいの知識でやってみました。

チェスターいいねチェスターvv
細目がなかなか他にはいないキャラデザで、良いツンデレでした♪

主人公カップルがものすごく正統派でびっくりしました。

アーチェはこれだけ見たら、あんまり好きにはなれないんだけど・・・本編やると可愛いのかな??

クラースはこういうキャラなんだね~~井上声!!

すずちゃんは、冷静沈着キャラで可愛かったv

***

魔術が使えなくなったアーチェが、悪戦苦闘。
しかし、散々馬鹿にしていたチェスターが一人努力する姿を見、そして「何故みんなと一緒にいるのか」と問われて大切な場所を見つける。
というシンプルなお話でした。

主人公始め、パーティメンバーはみんなほんわか優しい人達ばかり。
明るくて、チェスターのツンデレぶりににやりとしつつ(笑)楽しめました。

イイ奴だなぁ、チェスター!!(やや感動しつつ)

ああでも、この中にルークがいたらもっと心安く過ごせたのかしら・・・とか思ったら切なくなっちゃった。

ファンタジア編感想なのに、何故だかアビス寄りになってしまう(笑)

テイルズオブファンダム vol.2 :メシュティアリカ編「遺言」 

続いて、ティア編をプレイ。

・・・うーん、ジェイド編が面白かっただけに微妙だわ~!
単にジェイド含めマルクト組が好きだから、というわけでもない気がする。

本編開始前に繋がるティアの過去の物語なのですが・・・なぜティアがああいう行動を起こしたのかわかるのかなぁと思っていたらより一層「?」になった気がするシナリオだった。

なんだか本編の印象と食い違うんだけど、私の解釈が悪いのかしら。
以下、どうしても(本編含め)ネタばれしてますのでご注意ください。

続きを読む

テイルズオブファンダム vol.2 :マルクト帝国騒動記 

というわけで、脇目もふらずジェイド編のADVをやってみました♪

早速、「ルークー!ルークー!!」って探し回るガイがお約束で笑った。

ガイルクも大好きです(笑顔)
なんかこう、一部女性にピンポイントで向けてるよなぁ。

とりあえず辺りを探索するジェイド一向は、ひとつのバッジを見つけます。
それを見て、マルクトでの「御落胤事件」を思い出すジェイド。

ふむふむ、なるほど。
思い出に浸る形式なわけね!

***

ストーリーの流れとしては、『皇帝陛下に御落胤が!?よーし、みんなで探すぞ(*ピオニーが隊長で)』という大筋の中に、死を悲しめないジェイドの苦悩や、皇帝暗殺計画が絡んでくるというもの。

とりあえず・・・

ピオニー陛下素敵ーーーー!!

ジェイド編つーかこれ、ピオニー編では??
アニスちゃんならずとも目がハートになってしまうよこれは~~(≧∇≦)

ピオニー→ジェイド→ガイの力関係で「またオレかよ!」オチも会話がころころ転がってものっそい楽しかった。

しっかし、ピオニー陛下は常に美形なのにガイ様の立ち絵は微妙だったぜ・・・くぅっ。

サフィールは報われないなぁ!

幼少時のジェイド、本気で鬼畜で笑えました。
子サフィールは可愛いよーーーーー(笑)

つか、今のジェイドにフォミクリーは禁句だろう。そのアプローチは間違ってるよ、うん。
でも、そんな所がすごく可愛く思えてきましたよディスト。

私、これからはピオジェやジェイディスも行けそうな気がします!(爽)

以下、内容に触れるのでご注意ください。

続きを読む

テイルズオブファンダムvol2 

テイルズ オブ ファンダム Vol.2(ルークバージョン)(初回特典:コレクションカードゲーム「テイルズ オブ マイシャッフル」同梱) 特典 テイルズ オブ カウントダウンDVD付き テイルズ オブ ファンダム Vol.2(ルークバージョン)(初回特典:コレクションカードゲーム「テイルズ オブ マイシャッフル」同梱) 特典 テイルズ オブ カウントダウンDVD付き
PlayStation2 (2007/06/28)
ナムコ

この商品の詳細を見る


どうしても我慢できず、ちょろっと始めてしまいましたv
特典DVDは、先に見てましたよ~!
「テイルズ オブ カウントダウン」の模様をゼロス&ジェイドの解説付きで送るというもの。

ゼロスとジェイドっつーか子安さんと小野坂さんだったなぁと思ったら、やっぱり最後に注釈あって笑ったヾ(>▽<)ゞ

豪華声優陣が総出演なのに・・・!!
20位からのカウントにも関わらず全く出てこない主人公ロイド=こにたん悲しすぎ(笑)←笑うなよ。

DVD、かなりのボリュームで楽しめました♪
もろツンデレ口調のリオンにコーヒー吹いた。
なんでこんなに笑えるんだろう・・・(たぶん緑川耐性がついてしまったから)

***

いい加減本編の方へ。

んーと、ラストダンジョン突入直前に異世界に飛ばされてしまう主人公達。一体ここはどこ?さぁ探索だ!!

という感じです。
テイルズのみ、ルーク・ティア・ミュウ・ナタリア・アッシュ組と、ジェイド・アニス・ガイ組に分かれております。

うおおおおアッシュもきたーーーーーー!!!!!!
普通に見ればルーク&ティア+アッシュ&ナタリアのカップルが二組なのに最早アシュルク目線でしか見られない自分がいるよ・・・おお、恐ろしい。でも幸せー!

ミニゲームいっぱいあるけどやる気しないなぁ・・・(笑)

というわけで、早速アドベンチャーモードの「マルクト帝国騒動記」をやってみました。←わかりやすいプレイぶり。