FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

灼熱のエデマ:ファンレン 

LIVE×EVIL 灼熱のエデマ (ライブバイエビル) LIVE×EVIL 灼熱のエデマ (ライブバイエビル)
Windows (2005/10/28)
EDGE

この商品の詳細を見る

<公式サイト>

ファンレンルート攻略終了~!!

ファンレンもまた、ちょっと本筋からは外れた目線で物語が見れて面白い。
クジョウ自身がここまで語るのは初めてだった気がします。
でもって、恋愛面もとにかくファンレン可愛いので満足でした。

今までのルートでも「おいおい」という怪しい動きを見せていたファンレンですが、攻略することにより目的がわかって・・・

ユウシと一緒にぽかーんとしちゃったよオレ!!(笑)

そうですかそうですか。
反転<わたしよりナガレのじいさんの方が大切ですか!!

そんなところも含め可愛かったです(えー)
なんとファンレンは<受け攻め選択可>なんですよいぇーい♪
しかも、BADEDもなかなかに救いがなく、個人的に一番エロが濃かったのはファンレンだと思いました。
あ、結局2回あったのはケンショウだけでしたわ。
贔屓だ贔屓!!

チャイナ服を着てみたり、お馬の王子様だったり、実は喧嘩も強かったり(驚いた!口だけ達者で弱そうだと思ってた!!)色々を美味しくて楽しめましたファンレンルート。

一回クリアすると、次から繰り返しが飽きると聞いたのですが、前半はその通り割り切ってスキップするとしても、後半の展開でそれぞれ読ませてくれるので飽きるということはなかったです。
むしろ、複雑に思えた構図がスッキリとしてきて全員クリアしたことでより楽しめたかんじ。

テキスト自体もシナリオも「こう見せたい」というコンセプトがしっかりして安心して楽しめました。
これは、熱砂のプロメテウスもやりたいな!
立ち絵もスチルも綺麗・・・なんですが、エチシーンのスチルの人体構造が微妙~なことになっているような(笑)
それ以外は概ね満足でした。

定価が低いのが良心的で、この値段にしては十分なボリュームだと思います。

スポンサーサイト

灼熱のエデマ:セイジュ 

セイジュルート終了。
公式サイトにて<ユウシ×セイジュ>なのは知っていたし、ケンショウとはまた違った意味で本当に敵対者同士として出会うのでどういう話の展開になるのか不安だったのですが・・・

良かったですよーーー!!!

反体制組織プロメテウスの一員でケンショウを慕うセイジュ。
彼は、不治の病AMADISの治療薬を巡る国の現状に怒りを覚え、理想を掲げてテロ行為に身を染めています。

若く真っ直ぐで、硬質に純粋・・・そしてどこか脆い。
彼がプロメテウスの一員とは知らないユウシは、生意気で大人びてみせようとする彼に、妹の面影を重ねてどこか放っておけない思いを抱きます。

んもう、この辺りがね!!!
つんつん生意気なのに、あくまで礼儀正しかったり。
大人びて見せるのに、時折無邪気で柔らかい面が見えたり。
最初は反発していたセイジュがだんだん心を開いてくる様がほんとーーっに可愛くてたまりませんでしたvv

鈴村さんの声がまた可愛くてさー!!
警戒心を露わにした硬質な声が、次第に心を開いて柔らかくなっていくのが絶妙。
張り詰めていた表情が、ふわっと緩む様子が見えるようでした。
セイジュ・・・可愛い・・・・(←繰り返しすぎ)

バイカルには驚いたーーー!!
私、かなり好きですバイカル。
嫉妬エピソードもあったら良かったのになv

ストーリー展開としては、プロメテウスの理想と暴力に訴えている現実のジレンマに焦点が当たっていて、ケンショウルートよりもプロメテウス側に感情移入しやすかった気がします。

カルナの一回の頓服分が200円。
トマト一籠が300円。
クィエスは2000円。
この国は何かが間違っている。

なんて、初めてリアルな比較がされていてわかりやすかった。

ユウシと出会って、自分の命を惜しむことを知るセイジュ。
頑なだった彼が、死にたくないと弱さをさらけ出しながらも変わっていくのが感動的でした。
クライマックスなんて、本当にじーんときた。

臆病な僕でも、信じるものを貫くことは、できますか・・・?」

・・・・・・って!!。・゚゚・(>_<)・゚゚・。

コウもケンショウも格好良いですが、話としてはセイジュの方が感情移入してしまいました。
最後も可愛らしくて、とても良かったですー!!

灼熱のエデマ:ケンショウ 

ケンショウルート終了。

元中尉ケンショウ・ウライは反体制組織「プロメテウス」のリーダー。
大統領直属の部隊『エデマ』に所属する主人公ユウシとは敵対関係にあります。
しかし、軍時代にあるきっかけでケンショウと近づいたユウシは、どこか親密な空気を共有していた彼を信じたい気持ちを捨てきれません。
一体彼の目的は何なのか?
自分が今やっていることは正しいのか?
彼に惹かれていくユウシの姿が切ないルートでした。

スキップをしたので一周目よりは短く終わりましたが、それでも後半どっかりと選択肢なしで読み進むのでかなりのボリューム。

しかし、もやもやとしていたものが晴れてくるというか、2周目となるとさすがに全体像が見えてきます。
ケンショウルートということで、今まで見えなかったケンショウの意図や苦悩、軍とのつながりが見えてきて面白かったです。
やっと点が線につながってきたかんじ。

恋愛方面で言うと、ユウシもケンショウもお互いをどこか特別な存在として認識しているのに『敵同士』というポジションにあるのがとてもドラマチック。
コウに対してはパートナーとしての思いが強く受身なユウシですが、ケンショウに対してはものすごくベクトルが強いというか『片想い』ちっくなのですよね。

ケンショウがまた、感情がわかりにくいというか・・・とにかく無口なの!!(笑)
まじで吐息のみで会話してますよ!!
成田さんすごいわー。
わからない・届かない思いがもどかしくて切ない。

ま、ケンショウは単に不器用な人・・・つか、むっつりスケベだろお前!!とつっこみたくなる行動をとり始めるので、結局はラブラブなのですがvv

コウ→ケンショウの順番で攻略したのは良かったかもしれません。
最後も本当に「ズルい~v」と悶えてしまうケンショウでした。

でも、この人主人公でゲームつくれるのかしら??(笑)→熱砂のプロメテウス

あーそうだ!!!!
コウは1回なのに、ケンショウは2回<エチシーンが>あったよ!?なーんーでー!!
やっぱりズルいよケンショウ(笑)
それとも、コウだけ少ないのだろうか??
次はセイジュに行きますv

灼熱のエデマ:コウ 

灼熱のエデマ1周目終わりました~!!

とにかく長かった(笑)
ほぼ60日間でEDを迎えるので、1日10分として10時間くらいでしょうか。
後半は、ほとんど選択肢がなく個別のルートに入ります。
何か作業的なものがあるわけではない選択式のADVなので、かなりのボリュームに感じました。

テキスト量が多く、世界観や設定がしっかりしていて用語もたくさん出てくるので、文章を読むのが好きな人でないとちょっと辛いかもしれません。

ただ、文章自体は淡々とした描写の中にも詩的さや熱さがあって読みやすかったです。とても高い筆力だと感じました。

ストーリーも、政治情勢にマフィアやテロ組織の動きが絡み合ってとても見応えがあります。なんとなくカラクリは見えても、一本に糸がつながってスッキリするのは、主人公達と同じく最後の最後でした。

絵柄は可愛らしい系統なのですが、スチルはとても綺麗。

ただし、これらのプラスポイントが萌えに直結しているかというとそれはまた別(笑)
BL18禁である必要があったのかしら?と首を傾げるほどにストーリー自体を楽しめるものでした(まだ一人しか終わってませんが)

***

以下、コウの感想。

そうは言っても三木眞てほんと天才じゃない!?と叫びたくなる萌えっぷりでした、コウ。

情報を集める為に潜入捜査をする主人公・ユウシなのですが、その際のパートナーとなるのがコウです。

5人兄妹の兄というだけあって、人懐っこく頼りがいがあって優しい男。これに三木さんがぴったりでね~もうvv
機械いじりをする時は無邪気な一面が覗いたりするのも可愛くて仕方がなかったです。

コウとは恋愛関係というよりもむしろ、徐々に信頼関係を築いていく様がもどかしいほどに丁寧に描かれていました。

厳しい現実を目の当たりにし事実を知る度に、迷い悩むユウシとコウ・・・
命を奪う者への怒り、希望を得ようとする人々の想いを知った時の苦悩がこちらの胸がぎゅっと痛くなるような演技でストレートに伝わってきます。
いやほんと、何度も言うけど演技が素晴らしい三木さん!!

そんなユウシたちに重くのしかかる、
「正しいことなど、どこにもない」
という言葉。

けれど彼らは思う。
何が正しいのか、どうすればわからない夜でも・・・
迷っても、喧嘩しながらでも、一緒にやっていける。
二人でなら、きっと。

エチシーンはそれなりにあるのですが、心情的なものの方が重視されているかんじです。
最後までほのぼので良かった~vv

ストーリー自体はぜひ実際にプレイして楽しんで欲しいなぁという面白さでした。

あとは、個別のキャラ感想を少しずつ書いていきたいと思います。
時間かかりそう・・・(^^;)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。