FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十六夜記・知盛ルート 

このタイトル自体がネタバレ?
ごめんなさいと一応謝ってみる。
ま、どうせみんな予想していたとは思いますが。

やはり、八葉や銀とは一線を画しております。
萌え~vというより面白い(笑)そしてエロい。

以下、ネタバレ感想。

続きを読む

スポンサーサイト

十六夜記・銀ルート 

銀ルートです。

一から育て上げ強くしていく楽しさ。
(そう言えば、絆低いと術使えないんだね・・・)
メモを見て、関を突破してく楽しさ。

プレイするのが新鮮で良かったのもありますが、純粋に良いキャラ作ってくれましたな~vと思いました。

やられました。ちょっとプレイ中の顔を見られたくないほど、時折にへらにへらしておりました(笑)

以下ネタバレ。さすがに正体くらいは反転しますが、基本はネタバレ。

続きを読む

十六夜記・平泉ルート 

緑陰~平泉ルートの気になる所をピックアップ。
泰衡についてもちょこっと。

とてもネタバレです。

続きを読む

十六夜記・譲ルート 

さてさて、八葉最後は譲です。
とっておいたというのもあるが、単に効率を求めた結果でもある。

ちなみに、将臣は十六夜衣装のが好きだが、譲は元の衣装のが好きだ。
あの体操服(?)の微妙さがなんとも。

やっぱり私にはあの暑苦しさが肌に合うらしく、すっごい切なくて良いEDでした~!!
譲ーーーーっヾ(〃^∇^)ノ♪

以下、ネタバレ込み感想。

続きを読む

十六夜記・将臣ルート 

九郎に引き続き将臣。

将臣好感度がぐぐっとUP!!
本編恋愛EDと合わせると良いかんじです。

以下ネタバレ込み感想。反転している部分は、さらにとてもネタバレ。

続きを読む

十六夜記・九郎ルート 

九郎ルート十六夜ED終わりました。

平泉ルートに密着していて、正に主役といった印象。
本編よりは糖度が増しているように思いました。割と早く打ち解けてくれる気がするというか。
軍を率いる者としてのカリスマ性が所々に現れていて、カッコイイと思いました。

でも、やっぱりパートナーというか『同志』として認めるぞ、という雰囲気が強いんですよね(笑)

ビジュアルが派手すぎて少し好みから外れるからか、割とあっさり流せる九郎さんでした(結局ビジュアルか)
十六夜衣装はどこへ行っても目立ちそうで心配です。

以下ネタバレ感想。

続きを読む

十六夜記・景時ルート 

景時十六夜ルートは、途中から平泉ルートに入ります。
十六夜記での新章ですね!

これがやっぱり、新鮮で面白い。
銀はもちろん、泰衡もイイ♪
この辺は、平泉ルートや銀攻略編で触れるとして、ここは景時。

地の白虎はね。
どうしても友雅さんがファーストなので、最初は誰でも「違う~!」と思ってしまうのですよ。翡翠とか覚えてないし(ひどい)
が、しかし。景時さんは3の後半でぐわっと盛り上がり終わってみるとすごーく好きだったので、今回は最初から見る眼が違います。

なんか、立ち絵までかっこよくなってない!?(たぶん変わっていない)
困った顔とか憂い顔とか全部きゅんと来るわー!!
悩む所多くて、声も素敵だわー!!

が、しかし。
十六夜EDが個人的になんだそりゃと思ってしまったので、最後でずどんと落ち込んでいます。ご注意。

以下、ネタバレ込み感想。

続きを読む

十六夜記・リズ先生ルート 

リズ先生ルートです。

行ったりきたりさせられました。疲れました。
でもいいの。今私の胸の中は先生への愛で溢れているから(笑)

十六夜ルートのポイントは、人間と鬼。かつて龍神の神子と戦った鬼の末裔としてのリズヴァーン。

・・・ではあるのですが、本ルートの先生は鬼だとか神子だとか、そんなところ超越しちゃってますからねぇ。
あのインパクトには敵いません。

けれど、『先生と生徒・導く者と導かれる者』の関係が補完され、お互いに惹かれる様子が非常に萌えであり、神子と共にいてはならないと苦しむリズ先生にばっちり悶えました。
本編のあのバックボーンを知らないとふ~んで終わりそうですが、相互補完するとより一層のめりこんでしまいそうな、十六夜EDでしたv

以下、ネタバレ込み感想。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。